Event is FINISHED

著者の夢を応援する、「How Deep」志向のプロデュース

Description

書籍、本はどのように企画、制作されるのか、本好きとしては是非一度本作りに携わる方のお話をきいてみたいと思っていたところ、ついに遊子ラボ You See Labでもそれが実現しました。

今回は、ほぼ毎回、You See Lab開催会場として素敵な会議室をを貸してくださる英治出版の山下智也プロデューサーと、ツンドクブ主催の松岡亜樹さんの共同企画です。本好きの本好きによる本好きのための企画。是非、ご参加ください。


内容

第1部として山下氏より、「著者の夢を応援する」「How Deep」という英治出版の考え方を紹介します。第2部として「How Deep」って何?ということを考えたり、気づいたりしていただく簡単なワークショップを行います。ここでは、松岡さんのファシリテーションのもと、会場にある英治出版の本の中から、「How Deep」っぽい要素を個人ワークで探していただきます。
最後に第3部として、「How Deep」っぽい要素を会場のみなさんから聞いていき、その内容に対してコメントする形で、英治出版がいつも考えている「How Deep」の生み出しかたを、冒頭よりも深掘りしてお伝えします。
最後にQ&Aの時間をとります。

講演者略歴

山下智也さん
英治出版プロデューサー。2009年青山学院大学卒業、英治出版入社。「心から共感できる人の想いやアイデアを形にして、世の中に広く長く伝えていく」という英治出版の考え方に共鳴し入社。
本の企画、制作の一環として、著者や訳者を招いたイベントや対談プロデュース等も行っている。
岩嵜博論『機会発見』、ドネラ・メドウズ『世界はシステムで動く』、エイミー・エドモンドソン『チームが機能するとはどういうことか』、スチュアート・ブランド『地球の論点』、エリン・メイヤー『異文化理解力』、マット・リヒテル『神経ハイジャック』などをこれまでに担当。

松岡亜樹さん
読書会 ツンドクブ主催
外資系小売業やIT企業で人材開発、チーム力向上のためのファシリテーションを仕事をする傍ら
読書会「ツンドクブ」を主催。遊子ラボに参加いただくだけでなく企画の前に(早朝から)ツンドクブをくっつけて開催していただくようなコラボもしています。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-26 13:01:58
More updates
Sat Oct 29, 2016
10:30 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
EIJI PRESS Lab
Tickets
事前予約チケット ¥2,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル5階 Japan
Organizer
You See Lab
259 Followers
Attendees
7 / 20